サイトマップ

中古車 買い方

プライスボードの見方

プライスボードは中古車に於いてはその中古車のすべてを表示していると思ってまず間違いありません。判らないことは担当の営業員に納得いくまで聞くことをお勧めします。また、このプライスボードにおいての表示の仕方はいろいろありますが、基本的にはこの内容だと思います。

 

Price board

 

 

 

 

 

 

 販売価格は店頭渡し現金販売価格を表示。※注意:この価格には保険料、税金(消費税を除く),登録料などは含んでいないのが一般的です

◆登録者は初年度登録年月、軽自動車は初年度検査年を表示

:車検証の有効期限年月日を表示

ぁХ彜錣亮┐港行km数を表示
走行km数が不明の場合は不明、または?などの記号表示をしている場合有り。また、計器を取り替えている場合はその、取り替え前の走行km数と取り替えた計器の走行km数を表示しているようです

ァ点検記録簿の有無を表示

Α展示車の骨格に当たる部分の修理などの有無
※修復歴とは自動車公正取引協議会が定めた以下のポイントを交換又は修復した車のことを言います
1.フレーム
2.フロントインサイドパネル
3.ラジエターコアサポート
4.フロントクロスメンバー
5.ダッシュパネル
6.ルーフパネル
7.ルームフロアパネル
8.ピラー
9.トランクフロアパネル
これらの修復原因が、車と車、車と物がぶつかった場合だけにあらず、この上記の部位を修理、修正した場合は必ず修復歴有りとなる


А展示車が自家用か,営業者であったか、またはレンタカー、自動車教習所などで使ったか表示

─展示車の保証の有無を表示。保証がある場合は、その内容などを表示している場合が多い

:展示車の定期点検整備の実施記録の有無を表示

:展示車の登録諸費用の別途請求に関する表示

:展示車の保険料、税金(除く消費税)登録等に伴う費用等は別途請求される旨の表示

:展示車のリサイクル料金についての表示


中古車 買い方

自動車の中古パーツのネット販売
自動車のパーツも、多くは決して安いものではありませんから、中古で購入することを検討しておられる方も多いこと思います。

自動車の中古パーツは、店頭販売以外に、近年ではネット販売をしている店も増えてきています。自動車の中古パーツのインターネットでの購入は、ネットショッピング同様、非常に手軽に購入出来るのです。

中古品ですから、新品同様というわけにはいきませんし、何より自動車のパーツなので、場合によっては自動車の安全性に関わるような品もあるかもしれません。

自動車の中古パーツを購入する際は、可能な限り現物を見て決めて購入した方がいいと思います。また、ネットショッピングで自動車の中古パーツを購入する場合は、限り信用できる店を選ぶようにすることが大切だと思います。

中古車 買い方

中古車を買うときの考え方
”中古車の選び方、買い方”に対する考え方です。

同じ中古車店、中古車での同等車種、同等性能の車、そして、車のコンセプトの違いを乗り越えた考え方で、中古車を比較し中古車を選ぶと言う考え方です。

 

最近の車は各メーカーともグレート、性能など多種化を押さえ、車種を増やして消費者ニーズに合わした車の販売を考えているのです。

 

中古車も同様にこのような車が出回っている訳です。
そうなると、一つのメーカーや車種、性能に絞って中古車を探すより、似通った車種、性能を考慮し、かつ同メーカーで欲しいと思う中古車にそっくりな車種ラインナップをじっくり比較検討する選び方、買い方(例えば定員の同じホンダのストリームとクロスロード、同じミニバンである日産のセレナとラフェスタ。トヨタではヴィッツとdB)をすればいい中古車が手に入る可能性大であろうと思います。

 

このように思考をすこし広げ、面倒ではあるが中古車の選定基準をもっと幅広くし、試乗も出来るだけ行いしっかりチェックしていけば思惑の中古車以外にもきっとお気に入りの一台、最良の中古車が見つかることが出来ると思います。

 

中古車選びは、じっくりと焦らずに時間を掛けてしっかりと見極めて行きましょう。 


中古車 買い方

商談における心構え
中古車販売店の営業マンにとって中古車の商談においてカモ(?)になる客とは・・・何もかも正直にすべてを最初から話してくる客が営業マンにとっては中古車の商談において非常に扱いやすく、儲けやすいのです。

 

例えば、中古車の商談において購入予算はこれ位だからとか、この車が絶対欲しいとか、自分の希望範囲を狭くしたり限定すると営業マンにとっては逆に値引きを考えるより、相手の希望だけを叶えれば価格や、値引きなど二の次にすればいいと考えるわけです。

 

予算など提示されれば、利益を先に上乗せして、その予算金額に合わせて価格を決めて行けばいいだけなので、営業マンにとって中古車の商談においてこれだけ簡単でやりやすいお客様はいません。これこそ”お客様は神様”なのです。

 

また、簡単に営業マンのセールストークに反応するお客さんは営業マンにとっては良いお客さんなのです。

 

セールストーク・・・この言葉に注意↓↓↓
|予算を教えて貰えればそのセンで努力します|今日決めた貰えれば?万円値引きします|このフェアで契約して頂ければ○○をプレゼントします|この価格は特別価格で今回だけです|人気車なので○○までに決めないと納期が非常に遅くなる場合があります|下取り車には特別査定を行っております|この車は人気があり売れ筋なんです|

 

このようにセールストークを上げれば切りがありません。営業マンのセールストークに直ぐに反応しないよう、その言葉の裏に何があるかワンテンポ、間をおいて答えましょう。

 

そして、逆に営業マンにとって嫌な客とは・・・・・上記の逆を考えればいいのです。

最悪は中古車を購入する意思がはっきりしていない客。営業マンのとって時間の無駄になるばかりでなく営業マンのモチベーションも下がり、歩合制での売り上げがかかっている場合なんかは相手にもして貰えないかも知れません。しっかりと購入意思表示は条件付でした方がいいと思います。営業マンを味方に付けることもしっかり考えましょう。

 

結論としては、営業マンに”条件次第で契約をする”と言う意思がある事を見せながら、好条件を引き出すために、競合アイテムをしっかり見せながら最後の最後まで<決断は>自分で納得出来るところまで粘る”ことが大事なのです。


中古車 買い方

値引きのタイミングと考え方
何処の営業マンも毎月毎月複数のお客と対応しているはずです。3〜4年もすれば、かなりのお客と商談してきていることになるだろうし、またそれだけに人を見る目は十分に持っている事になるし、当然目も肥えているはずです。

 

また、貴方が本気で購入する意思があるかどうかは、それなりの経験を積んだ営業マンは態度や会話の展開でおおよそ、貴方が本気かどうか予想ができるそうです。

 

まず、本気で購入する気があるお客は、必ず自分の乗っている車で店にやってくる。そして、査定されることを念頭において乗り付ける訳だから、洗車もし、ある程度綺麗な状態にして店に来ることが多いんです。また、当然話を聞きに来ているわけで、お店の人にいろいろと訪ねてカタログ等を要求し、価格表も同時に手に入れたりとかなり積極的に情報を入れようとするわけです。

 

貴方が仮にライバル車等、対抗比較するためでも上項だけの事はしっかり心得ているとお店の受けもいいし相手も真剣に対応してくれるのです。しかしその時、すぐに値引き額を聞き出すのは絶対得策でないと思います。営業マンにライバル車の対抗として検討している程度と見透かされる可能性があるからです。

 

値引きを聞き出す前に支払いがどれ位になるか、税金や諸費用、を含めた見積もりを出して貰ったり、付属品はどの様なものが付けて貰えるのか等々の話を聞くことを心がければ、対応する営業マンもいよいよ本気を出すに違いないし、逆にそれなりの値引きも考慮してくれるかもしれないのです。

 

それに、相手も人間です。あまり時間を掛けて友達関係までにはならなくても、それなりに気心が解り出す位になれば値引きも+αが出るに違いないだろうし、言葉使いも考えて話し方も考慮すればなお相手も気持ちいい訳です。気持ちイイと値引き話も・・・相手から出るかも

・・・下手に出るが勝ち!!!って事も・・・


中古車 買い方

中古車の買い方
中古車を買う時期は??!!!!

中古車を買うのはボーナス時期が良いとされているのは、メーカーがディーラーに販売奨励金を支給することから、値引き額が増えるからです(当然中古車もこの時期は値引き幅は大きくなるようです)。


”売りやすい時期に徹底的に売る”というのがディーラーの姿勢だから月別の販売台数にも偏りが大きい。この値引きが増える12月のボーナスフェアを敢えて見逃し1月に買った方が得する場合もあります。


それは1月に買えば年式が1年新しくなり、今度売る場合下取り査定額を押し上げることになるからです。通常月の値引き額が10万円前後の車だと販売奨励金をあてにできるボーナスフェアの時期でも3〜4万円上乗せしたぐらいしか引いてくれない事が多いのです。


一方、下取り査定額は仮に3年後に手放す場合であれば***6年の12月登録が150万円、***7年の1月登録なら180万円というケースもあり得る。登録年が1年違えばこれだけ査定額が違うことも希ではないようです。


よって、値引きの少ない車を買って短期で代替えする条件であれば年末のボーナスは避けて1月に買う方が得になる場合がもあり得るのです。

どうですか、一考に値すると思いませんか?



rakuten
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」