サイトマップ

中古車 自動車保険

任意保険は必要?
最近車の難に遭い、相手が任意保険を掛けていないばかりに大変な思いをしている人がいます。

車に掛ける自動車保険の中でも義務づけられている自賠責保険以外に任意保険に入るのが世間一般的に普通となっていると思っていました。

実際、自賠責保険だけでは大きな事故になった場合、その保証等に関して保証しきれなくなってしまうことが多々あるからです。

特に強制でもある自賠責保険では補償金額も今の時代では少ないこともあり、他人に対する賠償部分も一部しか保証出来ないと言っても過言ではありません。

まして、自分の車、壊してしまった周辺の設備などを修理する費用などを自賠責では全くカバー出来ないことは言うまでもありません。その不足部分を心身共にカバーしてくれるのが任意保険なのです。

任意保険はおもに4種類ありますが、さらに普通は細かくは下記のようなものです。

●対人賠償保険、
●対物傷害保険、
●無保険車傷害保険
(保険に入っていない車との場合も保険金を受け取れる保険です)、
●搭乗者傷害保険
(自分の車に乗ってる人が負傷したときの保険です)、
●自損事故保険、
●車両保険、
●人身傷害補償保険。
※現在では、保険会社によって多岐にわたって独自のサービスを出していることもあります。

任意の自動車保険は、最初からからセットになっている任意保険を使うのも良いのですが、いろいろな保険を組み合わせて自動車保険を申し込むことも今では可能になっております。

保険の自由化がされてからは、セット商品としてネット販売も含め、多岐にわたって多くの種類の保険が販売されるようになっています。自分の環境にあった保険選びをすることも大事な要素だと思います。


また任意保険に関しては、価格競争もすすみ保険選びをするには大変うれしいことですが、細かい点において細心の注意をして保険選びをしないと、うたい文句ばかりで実はあまり役に立たない内容になっていたりする保険もあるようです。


任意保険は自分のためにかけることは勿論ですが、万が一のため、相手にとっても絶対必要な保険だと言うことを認識し、保険選びを考えるときは、その保険の内容を十分に確認して自動車保険に加入するようにしましょう。


最後までお付き合い有り難うございます。この記事如何でしたでしょうか?今後も自動車関係の情報をお伝えしたいと思います。有り難うございました。


中古車 自動車保険

自動車保険の意義

自動車保険には、自賠責保険任意保険があります。自動車保険の中で自賠責保険は強制加入の保険です。

 

この自賠責保険に加入せずに自動車を公道走らせた場合、1年以下の懲役、または罰金、そして違反点数6点となり免許停止となります。

 

自賠責の証明書を自動車に積んでいないだけでも30万円の罰金です。自賠責保険に加入してなければ車検も受けることが出来ません。

 

自動車保険の任意保険に入っていないと自他共に満足な保証が出来ないのと、自賠責保険でカバーされない部分の損害が現実にはあるからです。

 

また、自賠責保険で対人補償されるといっても、その額では現在では足りないことが多く、その上乗せの保証部分や、自賠責では補償の対象外となっている運転者のケガ等の補償、車両や建造物の損害補償などがそれらをカバーするために任意保険に加入する必要があるのです。

 

しかし任意保険に加入したとしても、カバーされるのは金銭的部分のみ。事故は相手は勿論のこと、自分にもに心身共に深い痛手を負うようになります。内容によっては運転者に刑事罰が科せられることもあり、運転は、慎重に、気を緩めず、常に安全運転を心がけたいものです。


中古車 自動車保険

上手な保険の入り方
任意保険には一般的に対人、対物、搭乗者傷害、自損、無保険車傷害がセットの保険に任意で車両保険を加える保険があり、割引等を除けば国内損保ではほぼ同じだが、等級を増やして割引をしている保険会社もある。問題時の支払いは相手との過失分を考え保険会社か支払われる。

 

これに対して、完全補償型の保険というのがあり、過失分も保険金が100%支払われるので保険料は高くなるが保険会社によって示談前に保険金を支払ったり出来るメリットがある。

 

他に、保険料を少しでも安く抑えるよう工夫されたリスク細分型の保険がある。車のオーナーの生活実態に合わせてそのリスクに応じて保険料を設定する。年齢や使用目的、年間走行距離等によって保険料が4割以上安くなる事があるが、反対に条件が悪いとかえって高くなることもある。

 

その他、相対的に安い保険はJA、最高62%迄割引があるが、地域にJAが無ければ入れないし一般の加入を受け付けない場合もある。今このように自動車保険も多様化しています。


では、どの様にして保険会社を決めるのか・・

ここがポイント!!

続きを読む

中古車 自動車保険

自動車保険の役割
自動車保険をかけても
自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は保険であり、加入せずに自動車を公道走らせた場合、1年以下の懲役、または罰金、違反点数6点となり免許停止となります。自賠責の証明書を自動車に積んでいないだけでも30万円以下の罰金です。自賠責保険に加入してなければ車検も通らないですし、さすが強制保険ですね。

自動車保険の任意保険が必要になってくるのは、自賠責保険でカバーされない部分の損害が現実にはあるからです。自賠責保険で対人補償されるといっても、その額では現在では足りないことも多く、その上乗せ部分を補うために任意保険を掛けるのです。

自賠責では補償の対象外となっている運転者のケガ等の補償、車両や建造物の損害補償などがそれらをカバーするために任意保険に加入する必要があるでしょう。

忘れてはいけないのは、自動車保険の任意保険に加入したとしても、カバーされるのは金銭的部分のみ。被害者・運転者双方、心身に深い痛手を負ってしまいますし、内容によっては運転者に刑事罰が科せられます。

自動車保険に入っても気を緩めず、常に安全運転を心がけたいと思いますよね・・皆さん。


中古車 自動車保険

自動車保険とは
保険のうち,自動車保険とは「車で問題に遭った被害者に対する金銭的な済」、「問題を起こした加害者の金銭的負担の援助」を援助するための制度です。


自動車保険には、強制保険といわれる自賠責保険(国から加入が義務づけられている保険)と、任意保険といわれる自動車保険(加入は自由)の2種類があります。


 

続きを読む
rakuten
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」