サイトマップ

CAR_NEWS

1億1千万円のベンツ
メルセデス・ベンツ日本は3月2日、1億1千万円のスポーツカー「メルセデス・ベンツSLRスターリングモス」を発売。今までのベンツの中で最高額のベンツです。このベンツ、世界で75台発売し、日本では2台限定発売という。


この「メルセデス・ベンツSLRスターリングモス」のモチーフは、その名の通り1950年代のメルセデス・ベンツ車で活躍した英国人レーシングドライバー、スターリング・モスと、その愛機である1955年型「メルセデス・ベンツ300SLRレーシングカー」。
SLR






「メルセデス・ベンツSLRスターリングモス」はF-1の名門メルセデス・ベンツSLRマクラーレンシリーズの最終モデル。排気量550ccで650馬力のスーパーチャージャー付エンジン。最高速度、時速350キロだという・・・<燃費はどれくらいでしょうかね>・・・(燃費の心配をする人は買わないか(^_^)/~・・・・)・・・


そして、車体は軽量化がされておりカーボン素材。そして、屋根や、前面左右の窓がなく購入者には専用のゴーグルが贈られるようです(このゴーグルも買えば高いんでしょうね (^^;))・・・・・国産車も中古車の亀でした。


最後までお付き合い有り難うございます。この記事如何でしたでしょうか?今後も自動車関係の情報をお伝えしたいと思います。有り難うございました。

CAR_NEWS

ベンツもハイブリッド

 

メルセデス・ベンツ、輸入車では国内販売は初めてのハイブリッド車を販売する。「メルセデス・ベンツ Sクラス ハイブリッドロング」である。

 

BMWの7シリーズのHVモデルも来年の夏には発売を予定しており、国内メーカーのトヨタ自動車、ホンダ自動車が先行販売しているHV市場に輸入車が加わり、今後さらに販売競争が激しくなるでしょう。ただ、Sクラスのハイブリッド車は欧州では6月から販売されているようです。

 

「メルセデス・ベンツ Sクラス ハイブリッドロング」は3500ccのエンジンに、モーターを組み合わせた量産される、ハイブリッド車としては、世界初めてで高性能でコンパクトなリチウムイオン電池を搭載している。

 

従来の道クラスから比べると燃費も30%位向上しているようです。そして、トランクも通常モデルと同等の広さを確保し、正規輸入車としてはエコカー減税対象の輸入車となります。

 

最後までお付き合い有り難うございます。この記事如何でしたでしょうか?今後も自動車関係の情報をお伝えしたいと思います。有り難うございました。

 

benz


CAR_NEWS

三菱自動車、パリ・ダカールラリーから撤退
三菱自動車は世界一過酷なモーターレースと言われるダカールラリーから撤退すると2月4日に発表しました。

 

三菱は1983年に初参戦。パリダカールラリーでは4輪部門では7連勝を含む総合優勝12回の世界の中でも強豪チームでした。

 

三菱は市販車の性能アップのために年間数十億円を掛けてこのダカールラリーに参戦。しかし、この世の中の不況には勝てず販売不振を受けコスト削減を迫られていたようです。

 

四駆の三菱!こういわれていたのですが、残念の一言に尽きます。結構自分も三菱ファンの部分もあり本当に残念ですね。

 

しかし、三菱自体が行うモータースポーツ活動は終了してもダカールラリーでは三菱車で出場するチームへの技術支援は今後も引き続き行われるようですのでまだまだ、三菱再起の道を残しているように思います。

 

頑張れ!!ダイヤ!!


CAR_NEWS

日産GT-R
日産GT-Rが一部改良し、燃費を向上して発売されました。エンジンやコンピュータ制御の制度を高めてガソリン一リットル当たり0.1km走行距離を延ばし8.3kmになっています。

GT-R 1

最高出力も480馬力から485馬力に上げ、モンスターエンジンがスーパーモンスターになったわけですね。価格も標準グレード車で84万円あがり、861万円。価格もスーパーモンスターです。

日産GT-Rは本年10月末で累計販売台数が約7300台、これも凄いですね。来年4月から欧州でも発売するそうです。このGT-Rの予約も絶好調のようです。

GT-R 2

 

憧れのGT-R、眺めるだけで精一杯です。


CAR_NEWS

新型「スカイラインクーペ」発売

日産自動車は2日、「スカイラインクーペ」の全面改良車を発売した。スカイラインは、セダンタイプの初代が発売されてから、今年で50周年を迎える人気車である。新型スカイラインクーペは、先代よりもさらなるハイ・コンセプトで送り出された華麗なるマシンである。新型スカイライン・クーぺのボディサイズは全長4,655mm×全幅1,820mm×全長1,390mmとし、先代より全長10?、全幅5mmの拡大と、全高5mmのトールダウンをしており、さらなる低重心化とワイドトレッド化によりクーペとしての走行性能を向上させた。

デザイン面では、高性能スポーツクーペを知らしめる厳格で高い意識を印象づけるエクステリアデザインを披露している。装飾装備面では、高級感のあるアナログ時計や、手縫いの平行ステッチを採用した本革巻きステアリング、サイドブラインドモニターとバックビューモニターなど快適なインテリアと、走る楽しみを予感させるエクステリアで、見事なデザインバランスを披露している。

駆動性能は、新開発3.7L 。VQ37VHRエンジンを搭載。最高出力は:245kw(333ps)/7000rpm、最大トルク363Nm(37.0kgm)/5200rpmを発揮する。この新型スカイライン・クーペでは新ロジックを採用しており、これによりドライバーの意思に合う安定した走行を実現している。全てにおいて優秀機能が凝縮されていると言って過言ではない新型スカイライン・クーペである。

新型「スカイラインクーペ」発売

CAR_NEWS


平成19年8月中古車登録台数

日本自動車販売協会連合会が11日発表した8月の中古車販売台数は前年比10.9%減の33万9812台と17ヶ月連続の前年割れとなった。8月としては昭和62年いらい20年振りの低水準となった。

車種別に見ると乗用車が9%減、トラックが20.6%減、バスが27.7%減とすべて前年割れになった。日本自動車販売協会連合会は2007年は年間ペースで18年ぶりの500万台割れが確実としている。また、同連合会は新車販売不振の長期化で下取りに出回る車が恒常的に少ない上に、中古車の輸出に回る分が増えているのが原因としている。

原因は一部のブランド車は売れても全体的に新車の販売数は伸びていないのでしょうね。もう一つはやはり 中古車の輸出・・か!!

車種

当月(A)

前年(B)

A/B

本年累計

前年累計

対比(%)

普通乗用車

135,230

148,775

90.9

1,243,870

1,338,238

92.9

小型乗用車

156,241

171,673

91.0

1,454,295

1,603,866

90.7

小計

291,471

320,448

91.0

2,698,165

2,942,104

91.7

普通貨物車

16,739

20,331

82.3

150,316

165,686

90.7

小型貨物車

21,999

28,463

77.3

206,318

252,950

81.6

小計

38,738

48,794

79.4

356,634

418,636

85.2

バス

1,156

1,600

72.3

11,413

14,144

80.7

その他

8,447

10,739

78.7

78,741

91,272

86.3

合計

339,812

381,581

89.1

3,144,953

3,466,156

90.7

  • 中古車登録台数は、新規登録台数と所有権の移転登録台数及び使用者名の変更
    登録台数の3業務合算のナンバーベース
  • 「その他」は特種用途車・大型特殊車・小型三輪貨物車の合計

    ”日本自動車販売協会連合会”引用




  • CAR_NEWS


    新型セダン「ギャラン フォルティス」三菱自動車
    三菱ギャランが帰ってきた。三菱自動車は23日、ギャランとしては11年ぶりの新型車のセダン「ギャラン フォルティス」を発売。先代の生産を2005年12月に中止して以来1年8カ月ぶりにギャランの名を復活させた。

    ギャランフォルティスは、新開発エンジンを搭載し、燃費の良さと軽快な走りが特徴。40〜60歳代男性を主力顧客層とみて三菱のセダンの特徴である角張った正面デザインを引き継いだ。

    排気量は2.0リットル、希望小売価格(税込み)は178万5000円〜243万6000円。北米やロシアでは「ランサー」の名で先行発売しているが「国内で10万台が走るギャランのユーザーに売り込みたい」と狙う。同社の新型セダンも7年ぶりだ。

    国内のセダン市場は縮小しており、月間販売目標は千台と控えめ。ただ、ロシアでは来年2月出荷分まで予約で埋まるほどの人気で、海外だけで年間12万台を販売する計画だ。

    三菱自動車はリコール隠しの影響で新車開発が滞っていたが平成16年の再生計画策定後、新車発売を再開。スポーツタイプ多目的車、軽自動車、などに続くセダンの投入で乗用車のラインアップが出そろう。



    新型セダン「ギャラン フォルティス」

    詳しくはここで・・・>http://www.mitsubishi-motors.co.jp/purchase/cataloglist/

    続きを読む

    CAR_NEWS

    バイオガソリン
    新日本石油や出光興産など石油元売り9社が販売する「バイオガソリン」の出荷が26日から始まった。バイオガソリンは、植物から作ったバイオエタノールをガソリンに3%混ぜている。バイオガソリンを製造する新日石グループの根岸製油所からこの日だけで約400キロリットルのバイオガソリンを出荷し、首都圏の50のガソリンスタンドで27日から販売する。

     

    燃費などの性能はレギュラーガソリンとほぼ同じ。今回の試験販売は08年度まで。バイオエタノールを混ぜると実際には割高となるが、試験販売中はレギュラーガソリンと同じ値段で売る。

     

    バイオエタノールは二酸化炭素(CO2)を吸収して育つ植物が原料のため、使ってもCO2の排出がゼロとされる。ガソリン販売量の2割をバイオガソリンに置き換えて、CO2削減目標を決めた京都議定書(http://www.env.go.jp/earth/cop6/3-2.html)の達成につなげる。

     

    バイオエタノール(http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/47/naruhodo240.htm)はサトウキビやトウモロコシなどからつくる。燃焼時に出る二酸化炭素は、もともと大気中にあるものを植物が吸収したものとして、大気中の二酸化炭素の総量は増えない計算となる。脱石油、地球温暖化対策の一つとして注目され、ブラジルやアメリカ、中国、欧州などが積極的に導入している

     

    国内では本格的な生産が始まっていない。また、バイオ燃料をめぐっては、ブームとなる半面、原料となるトウモロコシなどの価格上昇食糧難につながることを懸念する指摘も出ている。

     

     日本国内でも、トウモロコシや大豆を使う畜産飼料や植物油など食品の価格に影響が出始めており「本来は食料に充てるべきものをエネルギー源として使うのはいかがなものか」(日本植物油協会)との声もある。国の構想には稲わらや木材などの活用も盛り込まれたが、食料生産と競合させないための技術開発が課題になりそうだ。

     

    現に、オレンジジュース(輸入オレンジ)の値上げもバイオエタノール燃料生産の原料向けにオレンジ畑を価格の高いトウモロコシ栽培に向けたことも一つの原因とも言われている。




    CAR_NEWS

    スズキワゴンR三年連続首位
    日本自動車販売協会連合会などが5日発表した2006年度の車名別新車販売台数は、スズキの軽自動車「スズキワゴンR」が22万679台と3年連続でトップとなり、2位はダイハツ工業「ムーヴ」(19万7489台)だった。ダイハツの「タント」と「ミラ」、スズキの「アルト」、ホンダの「ライフ」とトップテンに軽自動車が06年度に新車販売を記録した軽の人気の高さを示した。一方、軽自動車を除く普通車だけのランキングでは、カローラが4年連続で首位。日産はミニバン「セレナ」と小型車「ティーダ」がトップテンに入った。                                               

     

    現在、ガソリン高騰が続く中、新入社員は軽自動車が好き!!!の中でも解る様に、車名別ランキングでも低燃費を武器にした軽自動車の優位が明らかとなり、ダイハツはダイハツ「ムーヴ」を06年10月に全面改良、06年10月に加速性能の良さなどが受けて販売台数を伸ばしたようです。やはり、普通車ランキングの中でも、小さい車、燃費のいい車が上位にランクインし売り上げを伸ばしているのがわかります。ある意味、厳しいんですね・・・世の中・・・(-_-)。                                                  


    CAR_NEWS

    新入社員は軽自動車が好き!!!
    今春に新社会人となる予定の18歳から24歳の男女500人に、インターネットを使って買いたい車のタイプを聞いたところ、約1/4が「軽自動車」と回答。軽自動車の支持者が大幅に増えたことが、中古車販売大手ガリバーインターナショナルの調査でわかった。

     

    買いたい車の第1位はコンパクトカーの約30%。軽自動車は昨年調査と同じ第2位だったが、17%がら25.4%へ増加、この2タイプで過半数を占めた。クーペ、スポーツカーは6.3%から5%に減少した。

     

    やはり、ガソリン価格の高騰を背景にフレッシュマンにも燃費や維持費等、経済性を考えるしっかり型が増えたようだ。

     

    新社会人が買いたい車のタイプ
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    1位・・・コンバクトカー                      (30.8%)
    2位・・・軽自動車                        (25.4%)
    3位・・・セダン                           (13.6%)
    4位・・・ミニバン・ワンボックス         (9.4%)
    5位・・・クーペ・スポーツカー            (5%)
    6位・・・スポーツタイプ多目的車etc(4.4%)
    7位・・・ステーションワゴン              (4.2%)
    8位・・・その他                          (0.6%)
    9位・・・特にない                        (6.6%)


    rakuten
    年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」