サイトマップ

中古車 ワンポイント情報

中古車を購入時、今の車下取り?売却?
そろそろ買い換え時!そのとき現在の車どうしますか?ふつう、気に入った車があるとき源氏の車は下取りに出す方が結構多いと思います。しかし、最近では買い取り店に持ち込むケースが増えているようです。

 

自分自身で、売却希望金額を交渉できること、自分で売却店出少しでも高く売れること、理由は色々あります。ただ、売却となると自分自身の足で買い取って貰う店に回って一番高く買ってくれる店を選ぶなど、時間と労力が必要になります。デメリット、メリット両方有ります。

 

自分の車を購入する店で下取りに出せば、購入資金の一部に直ぐ当てることが出来るので両力を使わなくていいメリットはあります。実際、下取りか、買い取り店に売却か、どちらが高く売れるか足を使って比較検証し、少しでも高く下取りさせた方がいいですね。もう一つ、下取りでは新しい車がくるまで乗れることもメリットの一つです。

 

その他の売却、処分方法は色々あります。インターネットでの個人売買。車の査定価格がゼロの場合などの時は逆に歯医者費用を請求される場合があります。そのようなとき、まだまだ乗れる車なら人に譲渡するした方が廃車費用が逆に助かります。

 

いずれの場合でも、普段から自分の車はしっかりと整備、洗車等をしておくことが大事ですね。


中古車 ワンポイント情報

リコール
自動車においてのリコールとは、設計や製造段階を原因とする不具合が特定の自動車(自動二輪車を含む)および原動機付自転車に発見された場合、道路運送車両法第63条の3に基づいてメーカーや輸入業者が国土交通大臣へその旨をあらかじめ届け出て、該当する自動車などを無料で修理をする制度のことをいいます。


しかし、中古車として購入した場合には通知から漏れることがあります。リコールなどの届出があった場合、該当する車種を販売した販売店(ディーラー)が購入者にダイレクトメールで通知することになっているのですが、中古車で買った場合は通知先が不明になっていることがあり、連絡出来ない事があります。新聞や国土交通省のHPなどで確認をした方がいいようです。


最近のリコールでは、三菱自動車が12月9日に乗用車の『アウトランダー』『グランディス』の合計52047台(2005年5月〜2008年4月生産)のリコールを国土交通省に届けています。

 

これらの乗用車は製造時、ブレーキペタルを踏むとランプを点灯させる部品の内部に絶縁物質が生成されることがあり、ランプが点灯しなくなるということです。該当の車を中古車で購入した人はディーラー等に確認を入れましょう。

 


続きを読む

中古車 ワンポイント情報

スタッドレスタイヤ

もうすぐ、ウィンターシーズン到来です。”中古車の選び方、買い方、売り方教えます”には少しテーマが外れますが、スタッドレスタイヤについて少し調べてみました。

スタッドレスタイヤの性能は、圧雪路での性能については各メーカーともあまり、性能的には大差がないようです。では、どこで優劣を見極めるのか・・・最悪のアイスバーンでの性能に大きく出てきます。最悪の状態で少しでも効きのいい制動性能を縮めてくれる、それが最新のスタッドレスタイヤの魅力です。また、ドライ路面でのタイヤ音の静寂さと、乗り心地、そして、グリップ性能の向上です。

スタッドレスタイヤの寿命についてはどのメーカーについてもどうのこうのは言えません。各オーナーの保管状態がかなり影響するからです。平均的には3シーズンに一度は交換をした方がいいと言われています。性能の良いタイヤといえどやはりゴム。自然硬化してしまいます。タイヤが硬化すると当然アイスバーンでの性能が極端に落ちます。このタイヤの劣化を防ぐには当然普段の保管場所に注意が必要となってきます。

●直射日光にさらさない。

●雨晒しにしておかない。

●風通しの良い場所に保管する。

これが一番です。

走行時の空気圧について、特にタイヤの指定値で問題はないでしょう。実際、空気圧を低めにすれば圧雪路でのくい付きが良くはなりますが、アイスバーンでの性能は逆に落ちます。

雪道の走行では、いくらスタッドレスタイヤの性能が良いと行っても普通の道路のようには走れません。また、ブレーキの制動距離も当然長くなります。雪道はゆっくりと、安全運転を心がけるが一番だと思います。安全第一を心がけましょう。

 

おまけです。↓↓↓

続きを読む

中古車 ワンポイント情報

◇◇◇自動車登録番号標(車のナンバー)◇◇◇
普段当たり前の様にある車のナンバー。当然、全部の文字、数字には意味があります。あまり、考えたことがない車のナンバーの数字、文字の意味ですが、車のナンバーにはこれだけの意味があります。

●大きさ
通常の自家用車・・・中板  大きさ:16.5cm×33cm
                大板  大きさ:22.0cm×ヨコ44cm
 (普通自動車で車両総重量が8t以上・最大積載量が5t以上又は乗車定員30名以上の車)
軽自動車・・・・・・小板  大きさ:12.5cm×23cm

●色
===普通車===
自家用:白地に緑文字
事業用:緑地に白文字

===軽自動車===
自家用:黄色地に黒文字
事業用:黒地に黄色文字

===その他===
仮ナンバー(自動車臨時運行許可番号標):白地のプレートに赤い斜線
外交団用:青地に白文字
防衛庁自衛隊用:白地に黒字
皇室のナンバープレート:金属質の丸いプレートで”皇”の文字が刻印

●分類番号と車の種類
車の使用の本拠の位置の運輸支局又は、自動車検査登録事務所を表示する文字

分類番号(頭の数字)
普通
貨物自動車: 1 / 10-19 / 100-199
乗合自動車: 2 / 20-29 / 200-299
乗用自動車: 3 / 30-39 / 300-399

小型
三輪以上の貨物自動車: 4 / 6 / 40-49 / 60-69 / 400-499 / 600-699
三輪以上の乗用自動車
及び乗合自動車: 5 / 7 / 50-59 / 70-79 / 500-599 / 700-799

特殊用途自動車: 8 / 80-89 / 800-899
大型特殊自動車: 9 / 90-99 / 900-999
大型特殊自動車(建設機械): 0 / 00-09 / 000-099

事業用かどうかの別等を表示する文字
===普通自動車・小型自動車・特殊自動車===
事業用:あいうえかきくけこを
自家用(一般):さすせそたちつてとなにむねのはひふへほみむめもやゆらりるろ
貸渡(レンタカー):わ れ
駐留軍人軍属私有車両等:E H K M T Y よ
===軽自動車===
事業用:りれ
自家用(一般):あいうえかきくけこさすせそたちつてとなにむねのはひふほまみむめもやゆよらろるを
貸渡(レンタカー):わ
駐留軍人軍属私有車両等:AB
一連指定番号 1〜99-1〜99

ナンバープレートとクルマの種類
プレート
の色
分類番号 車の種類
1 / 10-19 / 100-199 貨物の運送に使われる普通自動車
(大型トラックなど)
2 / 20-29 / 200-299 乗車定員11人以上の人の運送に使われる普通自動車
(バスなど)
3 / 30-39 / 300-399 乗車定員10人以下の人の運送に使われる普通自動車
(マイカーなど)
4 / 6 / 40-49 / 60-69 貨物の運送に使われる小型自動車
5 / 7 / 50-59 / 70-79
/ 500-599 / 700-799
人の運送に使われる小型自動車
(マイカーなど)
8 / 80-89 / 800-899 特種な使い方をする小型自動車・普通自動車
(消防車など)
9 / 90-99 / 900-999 大型の特殊自動車(建設機械など除く)
0 / 00-09 / 000-099 大型の特殊自動車(建設機械)
4 / 6 / 40-49 / 60-69
/ 400-499 / 600-699
貨物の運送に使われる軽自動車
5 / 7 / 50-59 / 70-79
/ 500-599 / 700-799
人の運送に使われる軽自動車
80 / 89 特種な使い方をする軽自動車
(社団法人全国自動車標板協議会より)


●希望ナンバーについて・・・・続きを読む

中古車 ワンポイント情報

車売買専門用語
中古車の購入では、ライバル店の比較やねらい目店での商談を行った後に契約、納車となります。車の価格はそれなりの中古車でも半端な金額では購入できません。

普通の商品と違って一度契約すると簡単にはキャンセルできないので慎重に決めなければなりません。

この契約までの商談の中では専門用語もたくさん出てくる事が多々あります。相手の営業員は車を売るのはプロであるのです。

ですから、うっかり相手の言っている事が解らなかったり、聞き逃したりしたために損を被る場合も無くはありません。

こんなことのないように専門用語も少しは知っておいた方がいいと考えます。

続きを読む

中古車 ワンポイント情報

中古車はやっぱり不人気車が安くていい!!?



中古車を買うときに人気車はなるべく避けた方がよい。

 理由は・・・・

 

続きを読む

中古車 ワンポイント情報

自動車の修理方法


1)板金
新品のパネルなどと交換した場合はいったい形成される為に曲線は滑らかであるが、凹みを修理する時は手作業で板金作業を行うので叩き後やヤスリ目が残ることもある。

 

2)溶接
溶接は、ガス溶接、アーク溶接、スポット溶接、ミグ溶接などがある。大抵はスポット溶接で行われるが、修理箇所によっては色々な溶接が行われるので、溶接後が不自然に残る場合がある。

 

3)シーラー
シーリングのことで、自動車のボディには気密性、防水性が必要である為にシーリングが施してある。これも手作業である為に、シーリング幅にムラが有ったり部分的に剥がれたりしている事もある。

 

4)フレーム修正機
事故によって大きな損傷をした部分を元に復元する為に使う機械。サイドシル固定式ではボディを固定する時にクランプを使用する為にフランジ等に固定後が残るが、ジグ式ではサスペンション取り付け部等を使う為に固定後が残らない。


rakuten
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」