サイトマップ

中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!中古車 キャンセル中古車の契約に関して

中古車 キャンセル

中古車の契約に関して
これから中古車を購入しようと考えている方が考えないといけない注意事項があります。これは知人が先日体験したことですが、気に入った中古車があって取りあえず押さえておくつもりで注文書にサインをしたのですが、後に別の店でこの車以上にいい車を見つけたので解約を申し込んだところ、業者からキャンセル料を請求されたそうです。知人は契約もしていないのに納得できない!!と怒りまくりです。


このような場合、その注文書にサインをした中古車に対して契約が成立しているかどうかが問題になります。中販連(日本中古自動車販売協会連合会)の約款では、登録、改造・修理、引き渡しのうち最も早い日に契約が成立となると書かれています。


注文書にサインをした中古車業者が中販連に加盟している業者であれば前記に述べた、登録、改造、修理、引き渡しが行われていない状況ですので、この場合契約は成立していません。よって、この販売店においては知人のキャンセルに応じる必要があるわけです。


ですが、これら中販連加盟店以外の業者の場合、この注文書の裏に裏面約款として”注文書への署名を持って契約が成立”する旨の定めが書いてあればこの”取りあえず押さえておくつもり”で署名した注文書で契約したことになるので、実際契約が成立していないとは言い切れません。この車に関しての解約は業者との話し合い交渉になります。


しかし、契約が成立しているといっても、業者から法外なキャンセル料を請求されても直ぐに応じる必要はありません。この契約に関して業者側にどれだけの損害が出たのかを話し合い、その契約に対しての損害に関して妥当な損害金額を交渉することが最良でしょう。


また、これらの問題以外、せっかく手に入れた中古車において、メーターが巻き戻されていたり、修復歴の説明がなかったり、自○車だと判った場合は、不実の告知や不利益事実の不告知などで、その契約自体を取り消しすることが出来ます。また、未成年者が親の同意を得て契約していない場合も契約成立後解約が出来ます。(※○=故)


中古車の契約に関してのサインは、より慎重に、そして約款も必ず熟読し、業者の説明もしっかり聞いておくことが大事です。折角のお宝を手に入れるのですから、後で後悔のないように全てにおいて慎重に対処しましょう。”後悔先に立たず”です。


最後までお付き合い有り難うございます。この記事如何でしたでしょうか?今後も自動車関係の情報をお伝えしたいと思います。有り難うございました。

<<ベンツもハイブリッド中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!のトップへ1億1千万円のベンツ>>

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

rakuten
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」