サイトマップ

中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!中古車 点検整備日常点検整備 冷却水の点検

中古車 点検整備

中古車の自己点検整備

の箋竸紊療生
ラジエター液の点検です。点検は冷却液が冷えているときに行います。エンジンを切った直ぐ後は冷却水温もかなり高くなっています。このとき、キャップを外すと蒸気や熱湯が吹き出ることもありますので、やけどなどをするおそれがあります。

 

点検は、補助タンクがある場合がほとんどです。補助タンクには下限と上限のラインがありその間にあればOKです。ゲージ式の場合も同じです。

 

この冷却水が不足していると、ラジエターの腐食やエンジンのオーバーヒートによるエンジンが破損するおそれがあります。少ない場合は液漏れの可能性もありますので修理工場に直ぐ点検を依頼しましょう。

 

また、この冷却水を薄めたりすると、寒冷地では冷却水が凍る可能性があり、これにより冷却水系統や性能低下につながりますので、適正濃度で使用することです。

 

冷却水を補充するときはエンジンルームにこぼさないよう注意して補給しましょう。冷却水が溢れたまま放置すると塗装がはげたり、部品を腐食させる原因にもなりますので、外に漏れた場合はよく拭いておきましょう。

 


<<中古車の自己点検整備 エンジンオイルの点検中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!のトップへウィンド・ウォッシャー液量点検>>

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

rakuten
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」