サイトマップ

中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!中古車 点検整備中古車の自己点検整備 エンジンオイルの点検

中古車 点検整備

中古車の自己点検整備

エンジンオイルの点検
エンジンオイルの点検は必ずエンジンの始動前か、エンジンを切った5〜10分くらいおいてから液量の点検を行いましょう。これはエンジンを掛けてしまうとエンジンオイルがエンジン内に回り点検が正確に出来ないからです。

 

エンジンオイルの点検はオイルレベルゲージを一度布等で拭き、そして、ゲージを一杯まで差し込んで再度抜きレベルを見ます。適正オイル量はレベルゲージの下限線から上限線の間にないといけません。

 

オイルが下限レベル以下ですと、当然オイルを補給します。補給後再度点検し適正レベル量であればOKです。このときオイルは上限レベル以上補給しないようにしましょう。オイルが吹き出たり等、エンジンに悪影響を及ぼす可能性があります。

 

この給油の加減ですが、だいたい下限レベルから上限レベルまでのオイル量は約1リットルです。この目安でエンジンオイルは補給しましょう。また、給油時に給油口よりゴミなどが入らないように注意しましょう。


<<中古車の自己点検整備 ▲丱奪謄蝓偲生中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!のトップへ日常点検整備 冷却水の点検>>

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

rakuten
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」