サイトマップ

中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!中古車 車種別の選び方三菱ジープの見方

中古車 車種別の選び方

三菱ジープの見方
三菱ジープは、中日本重工業・東洋工機が生産、中日本重工業・新三菱重工業・三菱重工業・三菱自動車工業が販売していた自動車です。当時旧警察予備隊は四輪駆動車を必要としており、1953年ウイリス社との提携によりジープ(CJ3A)のノックダウン生産が始まっていました。

 

防衛庁の指示でジープをベースにした73式小型トラック登場し、1996年、防衛庁がジープを採用していたのですが、排ガス規制に適合させるためのエンジンが搭載できないた新型73式小型トラックが登場しています。

 

中日本重工業(分割された三菱重工の一つ、再合併して三菱重工業となった1967年まで) 東洋工機(現パジェロ製造、1967年から一貫生産) 三菱ジープの歴史は、終戦直後にアメリカ進駐軍が使用したウイリス.オーバーランド社のジープを、1950年代に車両用にノックダウン生産したのが始まりだそうです。

 

三菱ジープの最終型J55型はトレッド幅や全長が拡大された77年以降のワイドボディ版J58型がベースです。トランスミッションは4速マニュアルで、パートタイム4WDのためフロアには駆動輪の切り替え用とハイ/ロー切り替え用の合計3本のシフトレバーがフロアに備わっています。

 

ボディはソフトトップ(幌)のオープンボディのみ。最終記念車は、幌やシート、最終生産仕様を表す記念プレートなど歴史三菱ジープのピリオドを飾るにふさわしい仕様内容を持っています。ボディパネルには耐久性に優れた防錆鋼板が中塗り塗装やユーザーが末永く乗れるためのスペシャルな製造処理が行われているの事も見逃せないです。

 

三菱ジープのようなラフロード用の中古車を買うときは前オーナーがどのような使い方、乗り方をしてたかで中古車の品質的な良し悪しの差がかなり出ていると思います。

 

野山、川、海などの本当(?)のオフロードを走り回っているようなジープなどなら車体等にかなり負担がかかっていると考えた方が良いようです。このような車は運転も荒くなっているようですので結構トラブルを抱えていることが多い場合が多々あります。

 

このような大きい負担を掛けた車かどうかを見極めるのには、フレームを中心に下まわりを特にしっかりチェック した方がいいと思います。下回りの擦れ、錆などを見れば特に判ると思います。

 

そんな中でも特に、雪の多い地方で乗られた車は、道路にまく融雪剤(塩化カルシウム)を浴びている可能性が高いので特に下回り(直ぐに目につかない場所、タイヤの裏側などの錆等)のチェックを重点的にした方がいいと思います。錆は大敵です。


<<使用済自動車引取証明書中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!のトップへリコール>>

トラックバックURL

トラックバック一覧

  1. 1. 塩害地仕様車の決定版!SCコートにリフォーム車が登場

    • [商売繁盛を応援します しずおか理財ラボ]
    • 2008年12月03日 16:15
    • 漁業、水産加工業、農業のユーザー様に大好評! 錆びず、はがれず、塩、キズに強い トラック荷台防護の決定版!SCコート! SCコートの詳しい説明はこちら おなじみSCコートにお求めやすく、すぐ乗れる 荷台コート、アンダーコートが フル装備の中古リフォーム車がラ....

コメント一覧

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

rakuten
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」