中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!
Site map

中古車 車検 整備

車検及び整備
車検制度

経費・・・重量税、自賠責保険、リサイクル料金(受験時一度だけ)、印紙代・・・それぞれに相違有り。整備費用等の上、下限で車検車取り込み競争が激しくて整備内容より、整備料金で受注競争になっている。

民間指定工場(陸運局の認可工場)では国家試験合格者で自動車検査士が通常2〜3名位が陸運局と同等の自動車検査業務を励行している。車検整備完成車両の検査を行い必要書類の確認後(自賠責保険、納税証明書、指定整備記録簿・・2年間保存義務有り)適合証を作成後陸運局にて書類(車検証等)にて車検証の更新手続きをする。

自動車検査士(員)は権限大であり、違法車両の整備等を黙認検査業務が発覚時は本人、事業所、事業所責任者等に業務停止、資格返上等の罰則(罰金)がある。民間指定工場には年間陸運局へ必要な書類の持ち込み検査と陸運局からの日時不明の監査(通常飛び込み監査)を受ける時がある。



中古車 車検 整備

整備料金について
都道府県の地域、地区の整備振興等の指導を踏まえて整備料金の一定化、安定化を目指しているが、ディーラー店、一般工場店では基本料金、整備料金差が生じている。経費の掛け方が問題点になっている。
 例)
 小型車、ディーゼル車24ヶ月点検、
  基本料金 【 ディーラー店 】   【 一 般 店  】
         約23000円前後      約18000円〜20000円迄
         
  小型貨物   約21000円前後      約18000円〜20000円迄
  
  軽四自動車  約18000円前後      約16000円〜

車検整備24ヶ月基本料金とは、2年点検整備記録簿分解整備記録簿を各項目別にチェックする方式である。

各項目にチェックを入れれば点検済み、バッテン(×)が入っていればその項目を取り返したという意味である。この点検が基本料金であって記録簿の右側に記入されているものが交換部品である。

これは、点検料と別途に部品代、取り替え料と請求される。よって、交換する場合は納得のいくように連絡をして貰うようにすれば入らぬ交換はしなくて済む。

整備内容の中で、足回り(床下)をスチーム洗車し、下回りをシャーシブラックで塗装すると、約10000円前後(軽四は7000円〜8000円)の費用を請求される。

あたかもその処理をしなければ車検検査出来ないように言われるが、それは持ち主の自由でその処理をしないと車検を受けれないという法律はない・・・

これは車検工場の売り上げに繋がるからやっているだけなのです。また、入庫車両については受け入れ検査後見積書を提示し、ユーザーに説明をするよう指導されているが時間のロス等の為、ほとんど実施されていないのが現状です。

よって、見積もり等の説明を十分に受け納得でき手から修理に掛からないと、今の自動車の部品はほとんどASSY(セット)部品の為高額部品が多い為に大きな出費になる可能性大である(プラグコード一本が駄目でもすぐセット部品で取り替えられる時もある)。

整備料金諸経費の項目
代行手数料(約10000円〜15000円位)は車両持ち主の代理及び書類手続き、車両持ち込み受検の手数料であって、陸運支局、軽自動車協会の所在地までの距離を考慮して決めている(車両の大きさは関係なし)。

この手数料は純利益に繋がる部分で各会社によって差があり、料金の一定していることはない,と言うことは当然交渉次第では値引きの対象となる。

民間指定工場では機器測定料(3000円〜4000円位まで)項目で請求される。これは車検整備完了時に使用される機器の損失分として請求れる訳だが、本来なら基本手数料に含んでいるはずである。これも交渉の余地有り。


中古車 燃費向上術

燃費向上術

皆さん燃費節約の努力をしていますか?、それぞれ小さな省エネだけど、小さいことを積み重ねて初めて大きな省エネ、低燃費術に繋がります。燃費節約にはいろいろあるけど一番の特効薬は乗らないこと!!って入っても無理な話ですね。

じゃあ二番目は?燃費のいいクルマ、そして出来ればハイブリッド・カーに乗ること。しかし予算的とか姿形に好みがあります。どうしてもガソリン車でって言う方にも省エネ、燃費向上術は山ほど有ります。その一部ですが、次の項目を実践してみましょう。


続きを読む

中古車 選び方

内装面


1)室内は必ず隅から隅まで掃除をしておく。シート、ルーフ(天井)の内張のシミ、汚れ等は出来る限り取り除いておく。


2)シール、テープ、接着剤などの後は完全に取っておきましょう。


3)社内よりの異臭は大きな減点大ですので、室内のタバコ、動物の臭い、毛の付着等完全にクリーニングしておきます。灰皿の吸い殻 は必ず残すようなことが無いよう掃除しておく。各部掃除した後、市販の消臭剤を吹きつけておく(あまり、臭いの強くない香水等を 吹き付けてもよい)。


4)取扱説明書、定期点検整備記録簿などは必ず積んでおきます。取扱説明書は次に購入する人のため必ず車内に入れておきます。定期点検整備記録簿は貴方の車のしんようどがアップします。



5)オーディオ類、電装品の操作チェックはしておきます。作動不良は修理した方がよい(特にエヤコン)。また、市販のオーディオ製 品を付けていて外した場合、必ずもとの純正部品を取り付けしておくこと。


中古車 選び方

外装面
1)査定時には洗車、ワックスがけは入念に必ず行う。見た目の第一印象でプラス査定のイメージを持たす。


(特につや出しに要注意。ワックスは必ず掛ける。出来れば2回ぐらいワックス掛けをする。また、ワックス掛け後必ず使い古しの歯ブラシ等でドア取手部、ウィンドウシャワー出口等の拭き残しのワックスを取り除く)


2)大きな修理は隠しようがないが小さい擦り傷等は、小傷の取れるコンパウンド等で軽く消した方がいい。また、ドアミラー破損車は 必ず修理しておくこと。


3)錆などが外面に浮き出ているときは必ず錆を取っておく。


4)テープ、シール等は剥がす、また、剥がし跡を残さない。ガラス面等に書いた文字は消した方がいい。


5)タイヤはレザーワックスを掛け、ホイールは歯ブラシ等で細部まで掃除をする。


6)エンジンルーム内は必ずスチーム洗車をし、水洗いをした方がよい。水洗い後はレザーワックスなどで特に黒い部分、カバー類に掛け拭き取っておくこと。また、オイルの滲みなど特に重点的に拭き取ること。エンジン内の異音が出る場合、ベルトから出る場合は ベルトワックスで異音を消す。また、エンジンのアイドリングの状態は良好にしておくと良い。


rakuten
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」