中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!
Site map

中古車 キャンセル

中古車の契約に関して
これから中古車を購入しようと考えている方が考えないといけない注意事項があります。これは知人が先日体験したことですが、気に入った中古車があって取りあえず押さえておくつもりで注文書にサインをしたのですが、後に別の店でこの車以上にいい車を見つけたので解約を申し込んだところ、業者からキャンセル料を請求されたそうです。知人は契約もしていないのに納得できない!!と怒りまくりです。


このような場合、その注文書にサインをした中古車に対して契約が成立しているかどうかが問題になります。中販連(日本中古自動車販売協会連合会)の約款では、登録、改造・修理、引き渡しのうち最も早い日に契約が成立となると書かれています。


注文書にサインをした中古車業者が中販連に加盟している業者であれば前記に述べた、登録、改造、修理、引き渡しが行われていない状況ですので、この場合契約は成立していません。よって、この販売店においては知人のキャンセルに応じる必要があるわけです。


ですが、これら中販連加盟店以外の業者の場合、この注文書の裏に裏面約款として”注文書への署名を持って契約が成立”する旨の定めが書いてあればこの”取りあえず押さえておくつもり”で署名した注文書で契約したことになるので、実際契約が成立していないとは言い切れません。この車に関しての解約は業者との話し合い交渉になります。


しかし、契約が成立しているといっても、業者から法外なキャンセル料を請求されても直ぐに応じる必要はありません。この契約に関して業者側にどれだけの損害が出たのかを話し合い、その契約に対しての損害に関して妥当な損害金額を交渉することが最良でしょう。


また、これらの問題以外、せっかく手に入れた中古車において、メーターが巻き戻されていたり、修復歴の説明がなかったり、自○車だと判った場合は、不実の告知や不利益事実の不告知などで、その契約自体を取り消しすることが出来ます。また、未成年者が親の同意を得て契約していない場合も契約成立後解約が出来ます。(※○=故)


中古車の契約に関してのサインは、より慎重に、そして約款も必ず熟読し、業者の説明もしっかり聞いておくことが大事です。折角のお宝を手に入れるのですから、後で後悔のないように全てにおいて慎重に対処しましょう。”後悔先に立たず”です。


最後までお付き合い有り難うございます。この記事如何でしたでしょうか?今後も自動車関係の情報をお伝えしたいと思います。有り難うございました。

CAR_NEWS

ベンツもハイブリッド

 

メルセデス・ベンツ、輸入車では国内販売は初めてのハイブリッド車を販売する。「メルセデス・ベンツ Sクラス ハイブリッドロング」である。

 

BMWの7シリーズのHVモデルも来年の夏には発売を予定しており、国内メーカーのトヨタ自動車、ホンダ自動車が先行販売しているHV市場に輸入車が加わり、今後さらに販売競争が激しくなるでしょう。ただ、Sクラスのハイブリッド車は欧州では6月から販売されているようです。

 

「メルセデス・ベンツ Sクラス ハイブリッドロング」は3500ccのエンジンに、モーターを組み合わせた量産される、ハイブリッド車としては、世界初めてで高性能でコンパクトなリチウムイオン電池を搭載している。

 

従来の道クラスから比べると燃費も30%位向上しているようです。そして、トランクも通常モデルと同等の広さを確保し、正規輸入車としてはエコカー減税対象の輸入車となります。

 

最後までお付き合い有り難うございます。この記事如何でしたでしょうか?今後も自動車関係の情報をお伝えしたいと思います。有り難うございました。

 

benz


中古車 点検整備

灯火装置、方向指示器の点検
灯火装置や指示器、反射鏡等の汚れや変色などを点検します。点灯しない場合などは整備不良で処罰されます。それと、破損、ひび割れなどないか注意して点検しましょう。

 

灯火装置、方向指示器の運転席でのチェック事項は、1:前照灯 2:方向指示器 3:制動灯 4:スモールランプ 5:テールランプ 6:ハザートランプ を各々点灯、点滅するか点検をします。

 

運転席での点検では、駐車ブレーキの点検、エンジンの掛かり具合での異音等がないか、ブレーキの踏みしろなどはいいか、雨の日のためにウィンドウォッシャー、ワイパなどの作動状況はいいのか点検をしましょう。

 

そして、走行時においてはブレーキのきき具合もチェック。エンジンの加速具合などの状態なども気にとめてチェックしましょう。

 

これら日常点検整備、定期点検整備は、車を持つユーザーにおいては必要不可欠です。日頃の点検整備を細やかに行うことにより自分、そして人の安全を守ることにつながるからです。また、日常点検整備、定期点検整備を小まめに行うことによりエコドライブにもなりますし、リセールバリューもポイントアップにつながること間違いありません。頑張って一つ一つ頑張りましょう。


中古車 法律 法規

自動車税のグリーン化
新グリーン税制とは、燃費と排出ガスの政府の決めた基準値を上回っている自動車を優遇するため一定の条件を満たした車に対して税金の優遇処置を行う制度です。

 

これは政府が、環境に優しい低排出ガス車を利用することによって新車購入時期よりの一定期間自動車環境への負荷を軽減するために環境に優しい車の購入を促進するために始めた優遇税制です。

 

今回の新グリーン税制は平成21年4月1日より平成24年3月31日までの期間内に新車を購入する場合に適用されます。

 

自動車重量税に関しては平成21年4月1日より平成24年4月30日までの期間内に新車の新規検査や初回の継続検査(車検)を受ける場合に適用されます。

 

内容は、自動車取得税、自動車重量税で電気自動車、ハイブリッド車、クリーンディーゼル車など一定基準を満たした次世代自動車については100%の免税になり、排ガス性能が☆☆☆☆車で平成22年度燃費基準25%達成車は75%、平成22年度燃費基準15%達成車は50%の減税となります。

 

自動車取得税の特例措置の内容
排出ガス性能及び燃費性能を下記①〜②の通り満たす普通自動車、小型自動車及び軽自動車又は、電気自動車、燃料電池車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ハイブリッド自動車

①低排出ガス車認定制度(平成17年基準値)により低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)を受けているもので、かつ燃費基準を+20%以上達成している自動車

②低排出ガス車認定制度(平成17年基準値)により低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)を受けているもので、かつ燃費基準を+10%以上達成している自動車

【自動車税】

green1

 

 

 

 

 

 

【自動車取得税】

green2

 

 

 

 

 

 

 

30万円控除では、自家用→15千円の減税営業用・軽自動車→9千円の減税
15万円控除では、自家用→7.5千円の減税営業用・軽自動車→4.5千円の減税


 

③電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ハイブリッド自動車
・電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車→税率で2.7%の軽減
・ハイブリッド自動車(バス・トラック)→税率で2.7%の軽減                            
ハイブリッド自動車(乗用車)→税率で2.2%の軽減

 

 

 

 

 

 

続きを読む

中古車 タイヤ点検

タイヤの点検・・・その2

タイヤの摩耗そして、損傷や亀裂の確認
タイヤに亀裂や損傷がある場合は交換しましょう。運転中にパンクなどをする恐れがありますので危険です。また、タイヤの溝に石などの異物が挟まっていないか、釘などの金属が刺さっていないかよく点検しましょう。


タイヤの接地面に表示されている摩耗限度表示(スリップ・サイン)が現れていないか点検します。この表示はタイヤの溝の深さが1.6mmになれば出てきます。スリップ・サインが出ているのに走行するとスリップをしやすくなり危険です。これが出ているときは早急にタイヤ交換をしましょう。


また、タイヤの片減りや極端な減り方がある場合、また他のタイヤと比べ摩耗具合が異なる場合は、空気圧の過不足があるか、または車のアライメントに原因がある場合がありますので整備工場での早めの点検が必要です。


rakuten
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」