中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!
Site map

中古車 ワンポイント情報

車売買専門用語
中古車の購入では、ライバル店の比較やねらい目店での商談を行った後に契約、納車となります。車の価格はそれなりの中古車でも半端な金額では購入できません。

普通の商品と違って一度契約すると簡単にはキャンセルできないので慎重に決めなければなりません。

この契約までの商談の中では専門用語もたくさん出てくる事が多々あります。相手の営業員は車を売るのはプロであるのです。

ですから、うっかり相手の言っている事が解らなかったり、聞き逃したりしたために損を被る場合も無くはありません。

こんなことのないように専門用語も少しは知っておいた方がいいと考えます。

続きを読む

中古車 選び方

損をしない車選び

-リセールバリューの高い車はどれ?-

中古車選びにおいて何年後かに中古車を購入するとき、査定や人気もいい中古車を選ぶ事を考えて購入することも選択肢のひとつに考えておいた方がいいでしょう。

 

リセールバリューとはその名のとおり、「リセール(再び売る)」時の「バリュー(価値)」のことです。3年後中古車として再び 市場に出る際の人気を指標化したものと考えます。

 

ガリバー自動車流通研究所による「3年後に損しないリセールバリュー予想」では次の結果が出ています。(参照ガリバー自動車流通研究所

 

ミニバン・軽自動車・セダン・輸入車など数あるクルマの中でトップとなったのは、ミニバンのトヨタ・エスティマ ハイブリッド。先進のエアロフォルムとミニバンの実用性加え、ハイブリッド技術による低燃費を実現。正にエコ時代のミニバンとしてトップを獲得しました。また、3位にレクサス・GS450hが入りハイブリッド車が上位進出と、時代を反映した結果になっています。

 

1位  トヨタ エスティマ ハイブリッド G
2006年6月に登場したエスティマ ハイブリッドが首位を獲得。ミニバンの中では群を抜く低燃費を実現し、旧モデルに比べ格段にパワーアップされたエンジン+電気モーターの力強い走りが魅力です。もちろん、先進のエアロフォルムが若い世代を含め幅広い年代に支持    されており、いつまでたっても古さを感じさせないスタイルが中古車市場でも人気です。リセールバリューと言う観点では、一世代先を行くスタイリングはとても重要なことなのです。

 

2位  ホンダ CR−V ZXi
2006年秋に発売されたばかりのホンダ・CR−Vが堂々の2位を獲得。RV車の売上ではミニバンに水を明けられているものの、若いユーザーを中心に人気が高いこのクラスは街中が似合う車種が増加中です。このCR−Vもタウンユースを中心に考えられており、取りまわし・居住性などは日常使用でも問題なし。また、海外でも高く評価されていることでリセールバリューランキング2位の座を獲得しました。ホンダの中でもトップに位置するため、「ミニバンのホンダ」というイメージが変わるかもしれません。

 

3位      レクサス GS 450h
国産高級セダンブランドとして定着しつつあるレクサスのトップを飾ったのはレクサス・GS450h。 旗艦モデルのLSが登場してもまだトップを獲得するのは、必要十分な高級感あふれるインテリアに、国産の中ではトップクラスともいえるしっかりとした足回り。そして、ハイブリッドユニットは高出力と低燃費という相反する要素を実現する夢の組み合わせなど、価格に見合った組み合わせがユーザーから高い評価を受けています。LS600hが2007年に登場するため影は薄くなるかもしれませんが、コストパフォーマンスはこちらが上になるでしょう。

ガリバー自動車流通研究所より引用

もっと見る⇒ガリバー自動車流通研究所=リセールバリューランキング=


中古車 売り方

中古車の査定中古車の売りでのワンポイントテクニック!!

中古車を査定売りに(中古車買取ならガリバー)中古車屋さんに持ち込む場合、見栄えも良く、小傷もあまり無くそれなりに見栄えのいい車はしっかり磨いて、しっかり見えるときにに持ち込むのがいいのですが、仮に小傷が多く査定で引き算が多く見込まれると予想される時には、少しテクニックを使いましょう。

 

相手の目を少しでも見にくくする時間帯(日が沈んだ夕方から夜に掛けて)に車を持ち込んで見ましょう。暗いとしっかりした査定員でも見逃しが必ず出ると思います。セコイかも知れませんが、少しでも高く売るための裏技的(?)テクニックと割り切りましょう

 

 また、小傷が結構ある場合はそれを隠すことを考えればいいのです。先ほどのピカピカの逆で、少し車を汚してから査定にもって行きます。

 

尚いいのは 雨の日に持ち込むこと。雨に濡れた車は少しぐらい塗装がぼけてる車でもツヤが出ているように見えます。かえってワックスなど掛けずに雨の日にみると、ワックス掛けした状態に表面にテカテカに光って見え、塗装面はほぼ、新品の輝きです。

 

裏技テクニック的ですが、使える手段は出来るだけ使い、査定、売りに出来るだけ高く価値付けするよう頑張ってみましょう。


中古車 選び方

中古車価格情報誌

自分の車を売る場合、もしくは査定する場合、ある査定基準にそって車の価値が決まります。その判断の基準書たるものは以下のような価格情報誌があります。

(財)日本自動車査定協会
イエローブック YELLOW BOOK
消費者と自動車販売業界の方々に、取引の目安となる中古車の価格情報を提供し参考としていただくための中古車価格ガイドブック

シルバーブック SOLVER BOOK
中古自動車の価格について消費者の方々の目安となる情報を提供し、中古車を購入する際の参考にしていただく為のものです

査定ガイド グレードの見分け方
査定に際しての車両のグレードを判断していただく資料

詳しくは(財)日本自動車査定協会

有限会社オートガイド
レッドブック
自動車の平均的な取引価格をグレード、年式別にリスト化した”有限会社オートガイド”から発行されている月刊誌「オートガイド自動車価格月報」の通称をいいます。保険会社では、事故車両の時価を算定する際に参考とすることがあるようです。

 

中古車販売店では中古車オークションの相場と中古車相場を見ながら商売をしているわけで、相場を知るなら店頭を見回ることも大事だが、このような価格情報誌を調べることも自分の車を売る場合や査定する場合、この中古車価格情報誌を調べることは大いに参考になるだろうと思います。


CAR_NEWS

自動車の消臭天井の採用が浸透
タバコやペット、ファーストフードなどの臭いを分解する機能を持つ消臭天井を採用した自動車が増えている。この消臭天井の機能が車内の臭いを嫌がる女性に好評でこの消臭天井の採用が広がっている。消臭天井を国内で採用した自動車は平成15年5月発売の三菱自動車のミニバン”グランディス”。

 

消臭天井の生地に染みこんだ消臭剤が、接着剤などに含まれるシックハウス症候群の一因とされるホルムアルデヒトや、タバコの臭いを二酸化炭素や水分にこの消臭天井が分解する仕組みである。

 

臭いが殆ど翌日に残らないとユーザーの評価が高く平成18年月発売の軽乗用車の同年10月発売のスポーツタイプ多目的車(SUV)のパジェロ”など平成15年5月以降に発売した国内生産の新型車すべてに採用している。

 

スズキは子供が車内で食べるフライドポテトのにおいが嫌などの女性の声を受け止め平成18年1月発売のMRワゴンと同年8月のセルボに消臭天井を採用した。同社によると窓を閉め切った状態でフライドポテトを食べても24時間で臭いが消えるという。

 

ホンダも平成18年3月発売の軽、ゼストに消臭天井を採用、今後は車種を増やすとしている。

 

いい傾向ですね。こういう機能が何故もっと早く出来なかったのでしょうか、車内の嫌な臭い!本当に気分が悪くなるときがありますね。しかし、今後、消臭メーカーはどの様に対応するのでしょうか?他人事ながら心配?ですよね。

 

三菱自動車の消臭天井に関するHP・・・三菱自動車・消臭天井


rakuten
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」