中古車の選び方・買い方・売り方教えます!!
Site map

中古車 自動車保険

上手な保険の入り方
任意保険には一般的に対人、対物、搭乗者傷害、自損、無保険車傷害がセットの保険に任意で車両保険を加える保険があり、割引等を除けば国内損保ではほぼ同じだが、等級を増やして割引をしている保険会社もある。問題時の支払いは相手との過失分を考え保険会社か支払われる。

 

これに対して、完全補償型の保険というのがあり、過失分も保険金が100%支払われるので保険料は高くなるが保険会社によって示談前に保険金を支払ったり出来るメリットがある。

 

他に、保険料を少しでも安く抑えるよう工夫されたリスク細分型の保険がある。車のオーナーの生活実態に合わせてそのリスクに応じて保険料を設定する。年齢や使用目的、年間走行距離等によって保険料が4割以上安くなる事があるが、反対に条件が悪いとかえって高くなることもある。

 

その他、相対的に安い保険はJA、最高62%迄割引があるが、地域にJAが無ければ入れないし一般の加入を受け付けない場合もある。今このように自動車保険も多様化しています。


では、どの様にして保険会社を決めるのか・・

ここがポイント!!

続きを読む

中古車 自動車保険

自動車保険の役割
自動車保険をかけても
自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は保険であり、加入せずに自動車を公道走らせた場合、1年以下の懲役、または罰金、違反点数6点となり免許停止となります。自賠責の証明書を自動車に積んでいないだけでも30万円以下の罰金です。自賠責保険に加入してなければ車検も通らないですし、さすが強制保険ですね。

自動車保険の任意保険が必要になってくるのは、自賠責保険でカバーされない部分の損害が現実にはあるからです。自賠責保険で対人補償されるといっても、その額では現在では足りないことも多く、その上乗せ部分を補うために任意保険を掛けるのです。

自賠責では補償の対象外となっている運転者のケガ等の補償、車両や建造物の損害補償などがそれらをカバーするために任意保険に加入する必要があるでしょう。

忘れてはいけないのは、自動車保険の任意保険に加入したとしても、カバーされるのは金銭的部分のみ。被害者・運転者双方、心身に深い痛手を負ってしまいますし、内容によっては運転者に刑事罰が科せられます。

自動車保険に入っても気を緩めず、常に安全運転を心がけたいと思いますよね・・皆さん。


中古車 自動車保険

自動車保険とは
保険のうち,自動車保険とは「車で問題に遭った被害者に対する金銭的な済」、「問題を起こした加害者の金銭的負担の援助」を援助するための制度です。


自動車保険には、強制保険といわれる自賠責保険(国から加入が義務づけられている保険)と、任意保険といわれる自動車保険(加入は自由)の2種類があります。


 

続きを読む

CAR_NEWS


平成19年8月中古車登録台数

日本自動車販売協会連合会が11日発表した8月の中古車販売台数は前年比10.9%減の33万9812台と17ヶ月連続の前年割れとなった。8月としては昭和62年いらい20年振りの低水準となった。

車種別に見ると乗用車が9%減、トラックが20.6%減、バスが27.7%減とすべて前年割れになった。日本自動車販売協会連合会は2007年は年間ペースで18年ぶりの500万台割れが確実としている。また、同連合会は新車販売不振の長期化で下取りに出回る車が恒常的に少ない上に、中古車の輸出に回る分が増えているのが原因としている。

原因は一部のブランド車は売れても全体的に新車の販売数は伸びていないのでしょうね。もう一つはやはり 中古車の輸出・・か!!

車種

当月(A)

前年(B)

A/B

本年累計

前年累計

対比(%)

普通乗用車

135,230

148,775

90.9

1,243,870

1,338,238

92.9

小型乗用車

156,241

171,673

91.0

1,454,295

1,603,866

90.7

小計

291,471

320,448

91.0

2,698,165

2,942,104

91.7

普通貨物車

16,739

20,331

82.3

150,316

165,686

90.7

小型貨物車

21,999

28,463

77.3

206,318

252,950

81.6

小計

38,738

48,794

79.4

356,634

418,636

85.2

バス

1,156

1,600

72.3

11,413

14,144

80.7

その他

8,447

10,739

78.7

78,741

91,272

86.3

合計

339,812

381,581

89.1

3,144,953

3,466,156

90.7

  • 中古車登録台数は、新規登録台数と所有権の移転登録台数及び使用者名の変更
    登録台数の3業務合算のナンバーベース
  • 「その他」は特種用途車・大型特殊車・小型三輪貨物車の合計

    ”日本自動車販売協会連合会”引用




  • CAR_NEWS


    新型セダン「ギャラン フォルティス」三菱自動車
    三菱ギャランが帰ってきた。三菱自動車は23日、ギャランとしては11年ぶりの新型車のセダン「ギャラン フォルティス」を発売。先代の生産を2005年12月に中止して以来1年8カ月ぶりにギャランの名を復活させた。

    ギャランフォルティスは、新開発エンジンを搭載し、燃費の良さと軽快な走りが特徴。40〜60歳代男性を主力顧客層とみて三菱のセダンの特徴である角張った正面デザインを引き継いだ。

    排気量は2.0リットル、希望小売価格(税込み)は178万5000円〜243万6000円。北米やロシアでは「ランサー」の名で先行発売しているが「国内で10万台が走るギャランのユーザーに売り込みたい」と狙う。同社の新型セダンも7年ぶりだ。

    国内のセダン市場は縮小しており、月間販売目標は千台と控えめ。ただ、ロシアでは来年2月出荷分まで予約で埋まるほどの人気で、海外だけで年間12万台を販売する計画だ。

    三菱自動車はリコール隠しの影響で新車開発が滞っていたが平成16年の再生計画策定後、新車発売を再開。スポーツタイプ多目的車、軽自動車、などに続くセダンの投入で乗用車のラインアップが出そろう。



    新型セダン「ギャラン フォルティス」

    詳しくはここで・・・>http://www.mitsubishi-motors.co.jp/purchase/cataloglist/

    続きを読む

    rakuten
    年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」